Disney Dream Storage

ilovemicke.exblog.jp ブログトップ

新年のご挨拶&カウントダウン@TDSレポ(その3)

その3はいよいよショーの第2部、2010年最後のBBBからのカウントダウンです。
b0036172_23422438.jpg
第一部が終了してほくほくしているのも束の間。
約15分間の休憩のあと、第二部がスタートしました。




例年、第二部はカウントダウンをする以外は通常のBig Band Beatなので、
毎年さらっと書き流していたのですが(力尽きていたという方が正しいかも・・・)
今年はいつもと少し異なる第二部だったので、Blogの方も三部構成にすることにしました。

というのと、昨年の様子を思い出そうとしても、ほとんど覚えていなかった・・・というのが
ログを残そうと思った何よりもの決定打なのですが(苦笑)


今年、何が違ったかというと、出演者のキャスティングです。
この日は、現在在籍されているBBBキャスト全員が、入れ替わり立ち替わりで出演されていました。

昨年までも、シンガーさんが前半後半で代わったりとか、
In The MoodでSaxがいつもより多く出演されていたとか、そんなアドリブはありましたが、
今年は最初から最後まで、BBBキャスト全員でショーを作り上げているといった構成。
みんなで今年最後のBBBを締めくくろうとしているんだと感じました。



各位の出演シーンを具体的に書きたいものの、それをテキストに起こすのはかなり難しいので、
ここからはさらーっと読み流してください・・・

【男性シンガーさんのキャスティング】
It Don't Mean A Without Swing : 金髪(右)、“おじさま風”(左)
Blues In The Night(紹介) : “おじさま風”
Chatanooga Choo Choo : 黒人長身(駅長)、トラボルタ似(乗客)
Tuxedo Junction : 黒人背の低い方(中央)、トラボルタ似(右) ←但しウロ覚え
In The Mood : “おじさま風”、黒人長身 ←但しウロ覚え
All Of Me : 金髪
Sing,Sing,Sing : 記憶なし

【女性シンガーさんのキャスティング】
Blues In The Night : 黒人大柄の方
Chatanooga Choo Choo : 白人背の高い方
Tuxedo Junction : 白人背の高い方
In The Mood : 黒人ソプラノパート兼任、黒人小柄な方


【男性ダンサーのキャスティング】
オープニングのIt Don't Mean A Without Swingには、
通常7名のところ、ポーター役以外の10名全員が登場され、度肝を抜かれました。
(女性ダンサーとペアで踊るシーンは通常の人数に戻っていました)

他のシーンは人数がいつもより多いということはありませんでしたが、
とにかくいつもとキャスティングが異なるので、ほとんど把握できず・・・。

唯一全部わかったのはポーター役で、
初期メンバーのダンサーさんと、極上タップの黒人ダンサーさんの黄金コンビだったということ。
登場シーンは以下の3曲。
・Chatanooga Choo Choo
・I love Piano
・Sing,Sing,Sing

通常ショーでは
・It Don't Mean A Without Swing
・Little Love Bird
にも登場されますが、今回は出演なし。
(着替え最小キャスティングということか!?)



女性ダンサーさんに関しては、普段からあまり把握できていないので、
こちらは割愛させていただきますm(_ _)m


バンドさんも、今回はシーンによって出演されていた方が違うような気がしたのですが、
もはや追いきれていません。。
In The MoodでSaxが8名登場されるのは恒例になりましたかね。


その他、カウントダウンならでは!というシーンは、
ミッキーと金髪シンガーさんが会場を煽りまくりだったということ。

ミッキーは、オープニングの「Big Band Beat!」のキメで、右手をくいくいっっと動かし、
金髪シンガーさんは渾身のAll Of Meでいつも以上にオーバーな振り。
これで何人もの人が落ちたことでしょうね(*▽*)


そして、忘れてはならないのが、
蛍の光の大合唱と、カウントダウンからのOne More Time!

蛍の光は日本語です。NYなのに(苦笑)
(しかも、1番を2回歌います。)

初年度に度肝を抜かれたOne More Time!もすっかり定着しましたね。
普段は見ることのできない、サイリウムを持ってのSing,Sing,Sing。
キメポーズのところで、ミッキーはサイリウムを投げ、空中で1回転して無事キャッチ。
投げてからキャッチするまで、ずっとサイリウムの動線を追っていたのが可愛すぎでした。

カーテンコールの記憶がないのはおそらく興奮していたからでしょう。
最後の最後、幕が閉まる直前に、“Happy New Year!”の掛け声があり、
ソロタップのお二人がすーっっと滑ってきて、あぁ、正月だ、と実感しました。


こうして、感動と興奮に包まれたBig Band Beat カウントダウンスペシャルライブは
終了したのでした。

長いレポートでしたが、駄文にお付き合いいただきありがとうございましたm(_ _)m
[PR]
by valentine-kiss | 2011-01-09 03:13 | 2011TDSイベント
line

管理者ユカコのTDL/TDS年パス保有時代の備忘録的ブログです。


by valentine-kiss
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30